2021-04-03

2021年4月のメルマガ【寝る子は育つ】

皆様こんにちは!
アルルネ鍼灸治療サロンでございます。

【お知らせ①】

4月15日(木)は、臨時休業を頂いております。
この日に頂いたご予約・お問い合わせのご連絡につきましては、翌日4月16日(金)にお返事をさせて頂きます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

【お知らせ②】

現在、6月末日までのご予約枠はすべて埋まっております。
7月のご予約空き状況は、4月26日(月)を予定しております。LIneでの7月のご予約は、ご予約空き状況リリースまでお待ち下さいませ。
ご来院されたお客様は優先的に、7月以降のご予約をお取りして頂く事ができますので、お帰りの際にお申し付け下さいませ。

【3月のメニューランキング】

1位 美容鍼
2位 シェリーボーテ・筋膜痩身
3位 鍼+マッサージ120分コース

美容鍼、1位に戻ってきました。
左のホウレイ線が右よりも長く深くなってきたのが気になって明後日美容皮膚科でヒアルロン注射を受けると仰ったお客様に、私が「ヒアルロン注射なんか受けさせない」と言って巻き肩を鍼で治療したところ、見事にホウレイ線が薄く短くなり、お客様はヒアルロン注射の予約をキャンセルした、という出来事がありました。
お顔の症状は、首から下の体のどこかに原因のヒントが隠れています。まずはご相談して下さいね!

2位は、シェリーボーテ・筋膜痩身がランクイン!
あるお客様の名言で、「顔は性格、体は生活」とな、なるほど!
薄着の季節がやって来ます。筋膜を活用して冬の生活の醜大成をリセットしましょう。

3位は、久しぶりの鍼+マッサージ120分コースです。
先日鍼治療中にお客様から、「鍼を定期的に受けるようになってから花粉症の症状が軽くなった気がする」というご感想を頂きました。とっても嬉しいです!
見たか鍼の底力~!

4月のランキングもお楽しみに★

★アルルネメモ★

『寝る子は育つ』

今回はいつもと少し趣向を変えて、日本のことわざを東洋医学的観点から解説しようと思います!

血液の働きは全身を温める、全身に栄養を送り届けるなど様々ありますが、「全身に酸素を送り届ける」という役割も担っています。
脳に酸素が必要なのと同じく筋肉にも酸素が必要で、血行が悪い筋肉は酸欠状態となります。
実は筋肉に十分に酸素が存在しないと、つまり筋肉が酸欠状態になると、筋肉は緩んで伸事ができなくなり、筋肉は縮んで固まる事しかできなくなります。

血液は背骨の中に存在する「骨髄」というところで作られるのですが、実は骨髄が血液を作るのは、背骨が床と平行になっている時なんです。
つまり、体が横になっている時、睡眠時間が骨髄の勤務時間なのです。

睡眠時間がしっかり確保されていれば骨髄もしっかり働いてくれるので新しい血液がどんどん作られ、全身に栄養・酸素を届ける事ができますが、睡眠時間が十分に取れなくなると骨髄がスムーズに血液を作る事ができなくなり、その結果全身に栄養が行き渡りづらくなったり、筋肉が酸欠を起こして肩凝りや腰痛を起こしやすくなります。

睡眠不足の人の背中の筋肉は肩甲骨と背骨の間に溝が全くできなくなり、コンクリート状態の固い触感の「生肉感を失った」筋肉がぱっつんぱっつんに盛り上がって、今にも背中の皮膚がはちきれそうな感じです。
生肉感を取り戻すには、睡眠時間の十分な確保が必要です。

ちなみに、アルルネではお客様の背部の「凝り・張り」の触感の特徴によって、その原因を、

①運動不足
②睡眠不足
③お酒の飲み過ぎ
④タバコの吸い過ぎ or 呼吸不全
⑤精神的ストレス
⑥スポーツ or 楽器演奏による酷使
⑦パソコン・デスクワークによる酷使
⑧その他(乳幼児の抱っこ、睡眠中の姿勢など)

の8つのいずれかであると考察し、施術を進めていきますが、上記8つの原因により背部の筋肉状態の特徴は異なります。

※アルルネ的【寝る子は育つ】
睡眠時間を十分に確保し骨髄をしっかり働かせて血液をたくさん作った子供は、全身に十分に栄養と酸素が行き渡り、全身も温まるので、結果的に心身ともに健康に成長し、ハートウォーミングな大人になるという意味。

今月も皆様にとって、健康で素晴らしい1ヶ月になりますように♪

**********

アルルネ鍼灸治療サロン
さいち