2021-02-01

2021年2月のメルマガ【眼輪筋のヒミツ】

皆様こんにちは!
アルルネ鍼灸治療サロンでございます。

【1月のメニューランキング】

1位 美容鍼(90分/10000円)
2位 ヘッド100本鍼(60分/7000円)
3位 シェリーボーテ・筋膜痩身(90分/15000円)

1位の美容鍼では最近、せんねん灸「太陽」をお顔に乗せて、目の下のクマを取らせて頂いています。10分程度でお顔全体の血色が戻り、お顔が小さくなるので、毎日の洗顔後のセルフケアにもオススメです♪

2位はヘッド100本鍼がランクイン!
ヘッド100本鍼+オイルマッサージ全身90分コースのストレス根こそぎガッツリ撤去セットでのオーダーが好評頂いております。

3位のシェリーボーテ・筋膜痩身は、今では美容鍼に次いでリピート率の高いメニューとなりました。
「リピートしていくうちに、腰のくびれが固定されてきた」(30代女性)、「ヒップ位置が以前より高くなっている」(40代女性)というお声を頂いております!

2月のランキングもお楽しみに♪

★アルルネメモ★

『眼輪筋のヒミツ』

目を開ける時にも閉じる時にも働くのが、目のまわりを囲うように存在する「眼輪筋」です。

首から下の体の筋肉と同じく、お顔全体の筋肉も加齢とともに筋力が衰える事に加え、眼輪筋は長時間のスマホやパソコンの使用により、他のお顔の筋肉よりさらに酷使されている状態にあるため、とりわけセルフケアが必要です。

また、お顔全体の皮膚の角質層は15~40層あるのに対して、眼輪筋が存在する目(まぶた)周囲の角質層は、5~10層でとっても薄いので、目の酷使でまぶた周囲の筋肉に血行不良が起こると、皮膚が薄い分血管が表面から見えやすくなります。これがクマです。
クマを解消するためには、まぶた周囲の筋肉の血行が良好でなければなりませんが、

眼精疲労やクマを解消するために、目頭を指圧しているという方はたくさんいらっしゃいますが、実は、眼輪筋は、1枚の筋肉がドーナツ型にまぶた周囲に存在しているのではなく、20枚ほどの筋肉がつぎはぎ状態になってまぶた周囲を覆っています。
つまり、目頭1ヶ所のみを指圧するだけでは、眼輪筋全体のマッサージにはならず、まぶた全体の疲れを解消する事ができません。

眼精疲労やクマを解消するためには、眼輪筋を作っている約20個の筋肉それぞれをほぐしてあげる必要があります。
眼輪筋の1パーツだけがほぐれても、隣の眼輪筋の1パーツが緊張していたら、意味がありません。

約20個すべての眼輪筋を同時にほぐすには、ホットアイピローや蒸しタオルを左右の目(まぶた)の上に乗せて、まぶた全体を温めるのが最速に効果的です。

せんねん灸「太陽」をセルフケアでご利用されている方はぜひ睡眠前や朝の洗顔後に、目の下に10~20分程度貼ってみて下さい。
眼精疲労が和らぎ目のまわりが楽になるとともに目の下のクマが取れて、さらにはお顔がかなりちっちゃくなるので、オススメです!

今月も皆様にとって、健康で素晴らしい1ヶ月になりますように!

**********

アルルネ鍼灸治療サロン
さいち