2022-01-01

2022年★持ち色占い

皆様、あけましておめでとうございます!
アルルネ鍼灸治療サロンでございます。

昨年も当サロンをご愛顧頂きまして、本当にありがとうございました!

2021年はお体の治療と未来透視鑑定のサービスを分け、新たにお電話での未来透視鑑定サービスを開始させて頂き、日本全国のみならず世界各地にお住まいの方々とお話できる機会を与えて頂けて、今までにない刺激をもらえた1年となりました。

お体の治療業務では、お客様の治療中に偶然ではありましたが、お顔に全く刺鍼せずにお顔のお悩みを解消する美容鍼を編み出す事ができて、これは私の中では美容鍼治療経験上でかなり大きな産物となりました。

毎日お客様皆様のお体を触らせて頂く事、お客様皆様から細かくお体のお悩みをお聞きし続ける事で、私の引き出しの中に新たなアイテムが追加されました。
これは、特別なセミナーに通ったり、書籍を読んで得たものではなく、お客様皆様と私とのやり取りの間で得る事ができたスキルであり、やはり現場の経験に適うものはないと実感できました。

ご来院して下さったお客様のお体の治療1回1回が、私の鍼灸師としての好奇心をくすぐってくれています。
いつも私にワクワクを与えて頂きまして、皆様、本当にありがとうございます!

2022年も皆様の心身のサポートに努めて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、2022年の持ち色別全体運を、気ままに私の霊感のままに、書かせて頂きました。

ご自身の持ち色をご存じのお客様は、ぜひご参考にしてみて下さいね!

**********

2022年の
アルルネ持ち色占い

※基本的には、霊感を使って発言したり文章を書いている時、私は脳みそが働いておらず、口が勝手にしゃべっている、手の指が勝手にパソコンのキーを叩いている、という感じになりますため、文章中に、「???」な表現がございましたら、申し訳ございません。
後で文章の体裁を整えると、私の霊感から逸脱した内容となるので、感じたまま書いたものを、そのまま掲載させて頂きました。

そのため、色それぞれの内容に大幅な「文章の長さ・短さ」がございますが、それもご愛敬と思って受け止めて頂けましたら幸いです。

★白(夢いっぱい)

「電車」
 昔は券売機で切符を買うと切符に目的地が印字されていて、電車に乗る前にどこに行きたいのか意志がハッキリしていないといけないようなところがありましたが、現在はSuicaやパスモにチャージしておく事で極論、チャージが切れない限りはどの駅で降りても良いと、各所の駅で自分の意志を決めればどうにかなるシステムに変わりました。今年は、目的地を明確にする必要はなく、とりあえず電車に乗ってから決めればよいかというスタンスで行動すると、電車の中で学生時代の同級生に数十年ぶりに再会して有力な情報を得たり、途中下車してお気に入りのお店を見つけたりなど、「とりあえず電車には乗れた」という事自体を目的としてみても、それはそれで充実した1年になると考える事ができるよ、といったイメージです。

★黄色(健康)

「トナカイ」
 雄トナカイは春の繁殖期にセックスアピールとして角(ツノ)が生え、夏の終わりに角が抜けます。一方雌トナカイは秋に角が生え、冬に子供を出産した後、角で雪をかき分け、子供のごはんを探します。つまり、雪の中サンタクロースのソリを引くクリスマス時期のトナカイは全員、雌であり、雄トナカイはクリスマスと子供のために働いていません。黄色を持つ人は、相手が実は自分が思っている以上に頑張ってくれていた事にふと気付かされる機会がやって来ますが、その分自分が尽力すべき時間は力を全うしようと努める気持ちがこれまで以上に高まり、また、相手も同じように感じてくれるようになるので、公私面ともに相方とのパワーバランスが整ってくる1年になると見えます。

★オレンジ(子供らしさ・無邪気・博愛主義・動物愛護)

「車輪」
 自転車の車輪は2つあり、前後それぞれの車輪が同じスピードで回転し続けている事で前に進みます。今年前に進めたい事があるのであれば、1人で独断で動くのではなく、これまでともに前に進んでくれた人の歩幅をうかがうように、相手の意見に耳を傾けると、自分の希望通りのスピードは出せないかもしれませんが、1人で決めるよりも長距離を走る事ができる1年となるでしょう。

★桜色(決断力)

「本場のインドカレー」
 学校の給食のカレーライスや家庭での日本的なカレーライスに慣れ親しんだ大人が初めてインドの本場のカレーを食べた時、「自分がこれまで食べてきたカレーは何だったんだ!」と衝撃を受ける、というイメージが出てきました。昨年まで感じていた漠然とした不安感が、「本場」「元祖」と呼べる場所に携わる人と関わる事で払拭され、その人との関わり合いは心に豊かさと色鮮やかさを与えてくれるでしょう。

★ピンク(好奇心のかたまり)

「50/50(fifty-fifty)」
 例えば、ある事柄に対して50%は前向きな気持ちだけど、残りの50%は後ろ向きな気持ちが残っていて、前向きな気持ちが90%くらい存在しないと動き出せないという人がいますが、今年は後ろ向きな気持ちの50%のリスクではなく、前向きな気持ちが50%存在する事を高い方に伸ばしていける1年となります。将来的なリスクだったり現実を重視して手も足も出せずに何の変化も起こさないのは勿体ない1年となってしまうけれど、意外と何も考えずに本能的に動いた方が、リスク回避につながったり、思った以上の効果を生み出すでしょう。

★赤(計画性・情熱・熱意・管理)

「Hermit」
 今まで自分がこだわってきた特定の事柄に対して持ち続けていた尖っていた感情が、ある人物のまるで世捨て人(隠者…Hermit)のような行動を見る事で、どんどん丸くなっていくのを実感するようになるでしょう。Hermitは神に自分を捧げる信者、世間から離れた人、浮世離れした人など、人それぞれにイメージは異なると思いますが、自分にとってのHermit的存在が現れるでしょう。

★紫(仕事に対する責任感・プロ意識)

「甘い誘惑」
 ドーナツやソフトクリームなど、毎日食べると健康問題につながるかもしれない甘いものを消費していく事が、実は自分の健康をキープするための最善な方法である、というイメージです。誰が何と言おうと自分にとってはこれが1番の心身の安定剤である、他人は他人・自分は自分という「割り切り」「開き直り」とも取れる態度が、男性的・女性的な色気となって表に出てくるようになります。

★コバルトブルー(慈愛)

「風呂敷」
 自分の両手を広げただけでは届かないくらいの幅の大きな風呂敷を広げると、世間から喜ばれ、自分の手の中に収まりそうなハンカチを握ると、世間からはじかれるというイメージが見えました。実際に起きている事よりも少し大きく盛って発言すると、その発言が真実となって世に出回るようになり、発言した通りの大きさで現実化します。逆に、自分を遜(へりくだ)って発言すれば、遜ったつもりが、発言した自分の評価がそのまま世間からの評価となります。素敵な事は大きく盛って、普段小さく見積もって発言してしまう事柄は、等身大レベルをキープしておきましょう。

★水色(正直・純粋・平等・公平・真実・誠実)

「初体験」
 書物で得ていた知識や、人から聞いてなんとなく知っていた事柄について、経験を通して、「巷で言うアレは、こういう事だったのか!」と、ストンと腹の底に落ちるような感覚を得られる1年となるでしょう。その経験により、今まで飲み込めなかった過去の誰かからの嫌悪を感じるような発言や、長い間感じていたコンプレックスが徐々に消滅していくのを肌で感じられるようになるでしょう。

★青(実行)

「未踏地」
 今はまだ何も中身がないものにこそ、実は可能性が詰まっているという事に気付き、「空っぽ」は虚しい事ではなく、これから何でも好きなものを入れて良い場所である、つまり「プラス」でしかないという考えに切り替わり、急に視野が広がるようになると見えます。ノーマークだった分野に興味が出てくるようになり、未踏の地に足を踏み入れる事で今までの知識や経験が生かされ、その成果は周囲の人々から「才能」として評価を受けるようです。

★紺色(正義)

「アイデンティティ」
 自分の中で確立した正義・理念に基づいて長い間続けてきた言動・行動に対して、全面的に肯定してくれる人が多く現れ、それにより今まで以上に自分に自信が持てるようになり、結果的に周囲の人々に対して寛容的な態度をとる事ができるようになり、直接的には「寛容な人」という評価を得るところから大きなお仕事の依頼が来るでしょう。つまり、アイデンティティ自体が直接産物を得るわけではなく、アイデンティティを認めてもらえたところから自己肯定感が上がり、精神が安定した事によって周囲の人々から必要とされるようになるという事です。

★緑(飽きたくない・変化し続けたい・安定を手に入れるために冒険する)

「陰陽」
 そもそも種が埋まっているかどうかは知らなかった土の中に、興味本位で水を与え続けていたところ、土の中から芽が出てきて、植物が出てきたから空が雨水をわざわざ運んできてくれて、雨上がりに虹が出てきてくれた、というイメージです。目に見えるもの・手に触れられるもの・動かないもの(陰)の中に、目に見えないもの・手に触れられないもの・動くもの(陽)を流し込むようなイメージのアイデアが浮かび、それを具現化して財産にしていく事ができるようになり、この作業はこれからの人生を安泰にしてくれる事でしょう。

★茶色(家族・家庭)

「たまご」
 わらの中に卵が7~8個あり、あなたはその卵の中でどれが当たりの卵なのか、選ぶのを迷っている、というイメージが出てきましたが、実はこの卵はすべて「当たり」であり、どの卵を選んだとしても、納得ができる結果と見えます。つまり、どの卵にも欠点があるのは当然で、それ以上に、選んだ卵に大きなメリットを感じられる1年になるという事です。

★やまぶき色(体験・経験・累積・蓄積・財産)

「無垢」
 大人になってから芽生えた計算高さや腹黒さに気付き、子供の頃の純真無垢な気持ちを思い出す場面が多い1年となるようです。2022年末には、垢が全くないコンディションとなり、芯のブレない人間に成長していると見えます。

★パール(気遣い・サービス精神・誰にとっても最高の○○・誰にとっても理想の○○)

「伝書バト」
 日々の中で自分が参加するコミュニティはたくさんありますが、その中で最も大切にしたいコミュニティはどれなのかを、心の中で明確にしておくと、自分の「手」が行った作業から生み出されたものが、世に大きくはばたき、結果的に自分が1番欲しかったものとして自分のもとに返ってくるようです。

★金色(人とのご縁)

「普遍的に無問題」
 常に安泰なので問題なし。(文章が雑に感じるかもしれませんが、もうこの文章に尽きます。)

★16色パレットタイプ(黒)(達観)

「客室乗務員」
 仲間1人1人に好きな食べ物を訪ねた末、仲間全員をジャンボ機に乗せた挙句、仲間1人1人異なった機内食をオーダーメードで作って振舞っているという将来を想像できた結果、客室乗務員になるための学校に入学したというイメージです。長い間、「いつか動くべき」だと考えていた事について、大きな決断ができるでしょう。その決断は、多くの人に喜んでもらえるものにつながります。

★黄緑(適応・順応・のびのび・伸長)

「パートナー」
 広い原っぱには、邪魔者はおらず、自分と自分が向き合いたい人しか存在しないと分かる、というイメージが見えました。今まで1人で楽しんでいたライフワークや趣味について、今後それらを長く続けていくために、特定のパートナーをそばに置く事が自分にとってベストであるという考えが固まり、それに向けて、前向きに具体的な行動を起こす事ができると見えます。

2022年も皆様にとって、健康で素晴らしい1年になりますように♪

**********

アルルネ鍼灸治療サロン
さいち