2019-07-11

こだわり屋さん

皆様こんにちは♪ アルルネ鍼灸治療サロンです。

週1ペースで、ブログを更新していこうと思います♪

本日は、できたてほやほやの当サロンのホームページについてご紹介させて頂きます!

一応、「隠れ家サロン」という体裁なので、細々やっていくつもりで今までお客様とのご連絡のやり取りは、公式ラインのみで行って参りましたが、

「施術メニューの詳細をもっと知りたい。」
「公式ラインに載っている説明だけでは物足りない。」

などのお客様からのリクエストにお応えし、この度ホームページを開設させて頂く事になりました。
腰の重い私の背中を押して下さったお客様皆様、本当にありがとうございます!

今回は、青梅市にございますアンティークショップ
【 MANSIKKA antiques 】
の店長、濱田敦司さんに、Web作成をして頂きました。

濱田さんはアンティーク家具や雑貨の買いつけのため、ヨーロッパ・北欧を中心に海外に行かれ日本に不在の事が多いのですが、大変ご多忙の中、この度当サロンのホームページを作成して下さいました。

私自身現在は全盲で全く目が見えませんが、目が見えていた頃は大学で服飾デザインを学び、将来の夢はファッションデザイナーでしたもので、目が見えなくなった現在もファッションや色のお話をするのが大好きで、いつも頭の中には「物」に対するデザインのアイデアがぽんぽん浮かんできます。

(体をまとうお洋服を縫う「針」から、体そのものをメイクする「鍼」に持ち変えた、みたいな経緯です。)

ホームページを開設するにあたり、私が想像しているものを具現化して下さった上でさらに、自身が持っている引き出しからアイテムを出して融合して下さるようなWebデザイナーに依頼したいと強く願っていましたところ、

フランス全般とマリメッコのような北欧デザインが大好きなさいちの前に現われました、濱田さん!

「こういう人に出会いたい!」と思っていると、出会えるものですねぇ…。

以前から存在していた当サロンのモチーフを取り入れながらも、濱田さんが普段から密に接しているヨーロッパと北欧に対するイメージの引き出しを生かして下さり、サロン全体の柔らかな雰囲気を表現して下さいました。

「シンプルで見やすい」と、たくさんのお客様からコメントを頂いておりますが、実はこのホームページ、全盲の人にもとっても読みやすく、頭の中でイメージが膨らみやすい仕上がりとなっています。

例えば、

「月のイラスト」とか、
「家と森と月のイラスト」など、

といったように、サイト内の画像全てにテキストが入っていますので、目の見えない人が音声対応のスマホやパソコンを仕様してこのホームページをお読み頂きますと、どんなイラストや写真が載っているのか分かりやすくなっています。

例えば、ラインのスタンプは、音声対応スマホでは、「画像」としか読みあげてくれないので、お友達からスタンプを送られても、どんなスタンプなのか画像の内容が分かりません。

当サロンのホームページにどんなお客様が訪れても、楽しんでお読み頂けるように、工夫してみました。

今後は、全盲ならではの面白い観点から驚きの情報をこちらのブログにてご提供する事もあるかと思いますので、どうぞお楽しみに♪

話がちょっとズレましたが、そうそうそうそう、

そんなわけで、私が頭の中で思い描いていた通りの、いやそれ以上のホームページが完成して、とっても大満足です!

濱田さん、本当にありがとうございました!

**********

7月のご予約枠は、全て埋まりました。
皆様、いつもご愛顧頂きまして、本当にありがとうございますo(^-^)o
8月のご予約も、引き続きお待ちしております♪

*********

アルルネ鍼灸治療サロン
さいち