2019-12-10

さいちちゃんvs全身麻酔 episode1~局所麻酔手術の楽しみ方

皆様こんにちは!
アルルネ鍼灸治療サロンでございます。

※今回は、「血液」や「内臓」など、体を解剖するイメージのかなりセンシティブな内容になっておりますため、このような類のお話が苦手な方は、ご覧になるのをお控え頂く事をお勧め致します。

11月24日(日)~28日(木)までの4泊5日で、新宿・東京女子医大病院の形成外科で入院をしていました。

今回の入院目的は…

約2年程前、右肩に小さなしこりができている事に気付きました。
しこりと言うべきか、血行不良によるただの凝りのような気もしていて、

よく同業者のマッサージ師どうしで体をマッサージし合う事があるのですが、どのマッサージ師からも、

「右肩、ここの凝り、すんごく硬いね!」

と言われていました。

が、

今年に入り、5月くらいからでしょうか。
この、しこりだか凝りだかが、なんだかだんだん成長してきているような、めきめきと増大してきたわけです。

これは、しこりでも凝りでもなく、脂肪腫というやつだな、と見定めました。

この大きくなってきている脂肪腫(おそらく)のせいで、脂肪腫(おそらく)周囲の血行は滞っているし神経も圧迫されていて、右首から右腕・右手までが突っ張って、腕を回すと右上半身全体が痛くて、だんだん仕事中の作業に支障を感じるようになってきていました。

それで7月に、新宿駅近くの、粉瘤(ふんりゅう)と脂肪腫専門のクリニックを受診しました。
このクリニックでは、入院する事なく粉瘤や脂肪腫を切除してくれるとの事で訪れたわけですが…

お医者さんは、私の右肩の脂肪腫(おそらく)を定規で計測するなり、

「これは、大学病院の形成外科で入院して、全身麻酔で手術しないと切除できないレベルですよ。」

とな。

えっ、脂肪腫ごときで?入院?手術?全身麻酔?

医「右肩というかね、もう右肩から右首まで広がっているし、真ん中の背骨まで越えてきちゃっていて、背骨周りの脂肪腫は、背骨にくっついている事が多くて、背骨から脂肪腫を剥がすってけっこう大変な作業で、相当な痛みになるから全身麻酔は絶対です。」

サイズは、10cm×10cmという、なかなかの大きさ。

結局この日はこちらのクリニックで紹介状を書いて頂き、9月にかかりつけである東京女子医大病院の腎臓外科に受診した際に、合わせて形成外科にも行ってみましたところ、

形成外科のお医者さんは、紹介状に目を通した後、私の右肩をなでながら、

「いつ入院がいい?」

とな。
あぁ、もう絶対なんですね…(涙)

これまでも書きましたが、私はこの38年間で、ありとあらゆる手術を受けて参りました。

例えば、-198度のドライアイスで冷え固まった棒を眼球に押し当てて、眼球にあえて火傷を負わせる「氷凝固」という手術とか、

例えば目の手術は4度受けた事があるのですが、その度に白目にメスが入っているわけで、

例えば、腎不全になり人工透析治療を開始する事になった際はその準備として、腕の静脈と動脈を吻合(ふんごう/くっつける事)する手術をしたり、

人工透析治療の際に、腕の血管を走る血流が止まってしまい血管が詰まるというトラブルがたまに起こるのですが、その際は、「バルーン」という処置をされるわけで、どういう処置かと言うと、腕の血管の中に無理やり針金をねじ込まれるのですが、実はこの針金の先には風船(バルーン)がくっついていて、機械によって血管の中のバルーンが膨らみ、それによって血管が膨らんで、止まっていた血液が流れ、詰まりが取れる、という、1980~90年代のバラエティ番組あたり(ビートたけしの「元気が出るテレビ」あたり)で誰かやられたんじゃないかっていうような拷問治療であり、

などなど、様々な体験をしてきており、
中でも超絶痛くてもう絶対にやりたくないのが、「氷凝固」と「バルーン」であり、なぜかと言うと、この2つは全く麻酔をせずに行われていて、眼球にドライアイスを突っ込まれるのと血管の中に針金をねじ込まれるのは甲乙つけ難い痛さであり、さいちちゃん大絶叫です(涙)

しかし、目の手術4回と腕の動静脈吻合の手術においては、局所麻酔を行なっており、完全に私は意識がある状態で手術を受けたのですが、

目の手術の場合、目は耳に近いですから、お医者さんが白目にメスを入れると、「ザクーッ」と音がダイレクトに聞こえるのに、眼球自体は麻酔が効いているので全く痛みがないという不思議な感覚で3~4時間ほど過ごすわけで、

腕の動静脈吻合手術においては、お医者さんが腕にメスを入れて切り開いた後1度、動脈と静脈を腕の外に取り出すのですが、その時に腕の中から漏れ出て来た血液が腕をつたって、麻酔の効いていない部位にまで流れてきて、「うわー、血液って、あったかい!」と衝撃を受けるのですが、実際に切り開かれて動静脈を取り出されている腕の部分は麻酔が効いているので、全く痛みを感じずに3~4時間ほど過ごすわけで、

局所麻酔での手術は特に恐怖を感じず、むしろ局所麻酔での長時間時間手術って、ちょっと楽しいポイントがあり、

意外とみなさん知らないようなのですが、

局所麻酔で完全に意識がある上での手術の場合、手術室に自分の好きなCDを持って行けば、手術室で自分のCDをかけてもらう事ができるのです。

というわけで、過去4回の目の手術と腕の動静脈吻合手術の計5回の局所麻酔での長時間手術では、

①ジュディアンドマリー「FLESH」
②エレファントカシマシ「LIFE」
③ユニコーン「ベリーベストオブユニコーン」
④ジュンスカイウォーカーズ「TOO BAD」

5回中4回の手術で、自分の好きなCDを持参し、手術を受けながら好きなCDを聞いていました。
3~4時間に及ぶ手術なので、CDは3~4回ループするので、手術の途中から確実に飽きてきますが。

自分のCDを持たずに目の手術に挑んだ事が1度だけあり、その日手術室では、執刀医が好きだという森高千里が流れていて、さいちも森高が大好きだったので、

「17才」がかかった時、サビの部分でどうしても我慢ができなくなったさいちちゃん、

さ「わーたしはいまー生きている~♪」

と歌ったら、執刀医に「こら!歌うな!」と、めっちゃ怒られました…。

というように、局所麻酔での長時間手術は楽しめるさいちちゃん。

が、

全身麻酔となれば、全く話が違います。

私は、全身麻酔が恐くて怖くてたまらないのです。

それは、5年前の臓器移植手術での経験があるからです。

次回、

『さいちちゃんvs全身麻酔
episode2~100均のゴングとさいちちゃん』

をお送り致します。

集中治療室にて、看護師とさいちちゃんが戦います。

今回はあえて、今まで受けてきた手術の内容をかなりリアルに書きましたので、センシティブな内容になり、ご気分が悪くなられた方がいらっしゃったかもしれません。
だとしたら、本当に申し訳ございません。
なぜ今回こうして私がリアルな手術の体験談を書かせて頂いたかと言うと、当サロンにお越し下さるお客様からよく、

「家族が病気になって闘病生活が始まったが、病気のせいでやさぐれてしまい、性格が悪くなった。」
「入退院をしているうちに、自分の事しか考えられないような人間になったみたいで、支えているこちらも苦労する。家族の身にもなってほしい。」

などのお声を頂く事があり、お話をお聞きして、「闘病している患者の家族からしてみれば、そりゃ当然だよなぁ。」と納得する気持ちと、

「周りの人たちの事を考える余裕もないくらい、闘病とは辛い事という事を少しでも理解してくれるとよいなぁ。」という、患者側の気持ちの両方があり、

私は、患者側の人たちの気持ちも十分に共感できるところもあるので、患者チームをフォローする、と言えばちょっと大げさな気もしますが、私のハードボイルド体験談を通して、ご家族の皆様が患者様ご本人に対して、あとちょっと、ほんのちょーーーーっとだけ、優しい気持ちになって頂けるとよいなぁ、という願いを込めて、書かせて頂きました。

とは言っても、病気を理由に甘えた生活を送っている患者に対しては、ぐっさぐさのざっくざくにめった斬る、そんなドSさいちちゃんです。

☆本日のおまけ画像です☆

バスグッズ4点の画像

今回はちょっとセンシティブなイメージの文章が続き、癒やし度0点でしたので、癒やしグッズの画像を載せておきます。

今回の入院中、病院の外に出られないストレスから、ベッドの上でものすごく豪遊をしてしまいまして(主に、楽天ショッピング)

★ハワイのオーガニックブランド、「マリエ・オーガニクス」の、ピーチネクターのシャンプー&コンディショナー、ココナッツのボディウォッシュ
★イスラエルの死海の塩をベースに作られているブランド「サボン」の、ジャスミンのバスバブル(入浴剤)

を購入しました。
退院して帰宅したら、商品が届いていたので、早速使ってみました♪

マリエのシャンプー&コンディショナーは、マンゴーの甘い香りもGoodだし、シャンプーの泡立ちもよくて、コンディショナーはかなり濃密で、「栄養をいただきます!」って気分になります(笑)

ココナッツのボディウォッシュは少し泡立ちがよくない感じで、ココナッツというよりはナタデココヨーグルトのような香りでしたが、とにかく、洗い上がりの肌がツルッツルになっていて、ビックリ!

サボンのバスバブルは、ジャスミンの香りはあまり感じませんでしたが、かなり少量でもバスタブが、あわっあわのもっこもこになり、泡に溺れそうになるくらい、泡が気持ちよくて、「あぁ、退院おめでとう!家最高!」と思いました(笑)

バスタイム、大事ですね!

**********

12月のご予約は全て埋まりました。

2019年は、12月29日(日)まで営業させて頂きます。

2019年12月30日(月)~2020年1月4日(土)まで、年末年始休暇を頂きます。

年始は、2020年1月5日(日)より、営業させて頂きます。

2020年1月からのご予約も、お待ちしております♪

**********

アルルネ鍼灸治療サロン
さいち