2019-10-21

南の島でオイルを仕入れてきました。

ハワイの青い海の画像

皆様こんにちは!アルルネ鍼灸治療サロンでございます。

先週、4泊6日でハワイに行って参りました。

文頭の画像は、ホテルのバルコニーから撮影した、朝9時くらいのワイキキの海です。
(今回は、ハイアットリージェンシーの28階のお部屋でした。)

ちなみに、ハワイと日本の時差は、19時間です。

今回の大きな目的は、ウエディングドレスを着てビーチで写真撮影を行うという、さいちのキャラに全く似合わないイベントを決行する事だったのですが、結論から言うと、

やー楽しかった。挙式に全く興味がなく、ドレスを着るとか、面倒でやりたくないなと思っていたのですが、何才になってでもよいから女性は一生に1度は、ドレスを着て写真を撮ってもらうべきだなと、素直に思いました。
幼稚園の頃にリカちゃん人形やジェニーちゃんにドレスを着せて遊んだりしていましたが、自分がリカちゃん人形になった気分でしたよ。

ドレスの着付けからメイク・ビーチでの撮影までをして下さったシネビーフォトさんによれば、最高齢で92才&88才の日本人ご夫婦のお客様もいらっしゃったそうです。

ドレスの着付け担当のスタッフさんは、「18才も88才も、ドレスは変わりませんよ。」と仰ったんだとか。
確かに!

今回のために6月末から隔週で、さいちの美容鍼&美容矯正のお師匠の堀口三恵子先生が院長を務める、新宿のコウ鍼灸治療院にて、

美容鍼、ラボーテ・ビスチュール、ディプレオパシー

の3本立てで、ボディメイクをして頂きました。

美容鍼+ラボーテ・ビスチュール+ディプレオパシーの合わせ技でなんと、ブライダルエステが可能になります!

肩と腕を全て出して肌を見せるようなビスチェタイプのウェディングドレスを着たい花嫁さんには、この合わせ技がベストコースで、当サロンにもブライダルエステを目的にお越しになるお客様が多くいらっしゃいます。

ウエディングフォトの他には、海に入ったり、船に乗ってロブスターを食べたり、パンケーキを食べたり、ドールプランテーションやモアナルアガーデンの「日立の樹」を観光したり、出雲大社に参拝したりなど、毎日朝から晩まで動き回って色々な体験をしましたが、

そうそう、
ホテルのスパで、「ロミロミ」を初めて受けました。

「ロミロミ」とは、ハワイの伝統的なマッサージで、ハワイ語で「揉む」という意味なんだそうです。

スパ施設の画像

ハワイのハイアットリージェンシーの5Fにある『ラホーナスパ』は、ハワイ州で初めてホテル内にできたスパ施設なんだそうです。
つまり、ハワイで初めてスパ施設を併設したのが、ハイアットリージェンシーとの事で、

さいちを担当して下さったのは、30年以上ハワイに住んでいらっしゃるという日本人のセラピストさんでしたが、施術開始早々に、セラピストさんが、

「ロミロミは、世界で1番効果のある治療です。ロミロミは体を治す技術として始まったのではなく、スピリチュアルです。」

と仰っていました。

実はもう10年ほど前から私は毎日、ハワイの「ホオポノポノ」を実践しているのですが、

「ホオポノポノ」とは、夜眠る前に1日の行いについて許しを乞う事で、心身のストレスを解放したり、願いを叶えたり、病気を治すスピリチュアル方法で、

夜眠る前にベッドに仰向けになり、両手を組んで(もしくは両手を合わせて)、

「ありがとうございます。
ごめんなさい。
許して下さい。
愛しています。」

と口に出して唱える、と、これだけなのですが、

ホオポノポノを毎日やっていると本当に病気が治ると言われていて、医師や製薬会社は、ホオポノポノが世界中に浸透しないように運動している、というのを聞いた事があります。

というくらい、ハワイのスピリチュアルは、体の治療に適しているのだとは思いますが、ロミロミを受けて早々にセラピストさんから突然、「スピリチュアルです。」と言われて、なるほどなぁと納得したのと同時に、観光客に対してアミューズメント感覚でやっているのではなく、しっかりと治療としてロミロミを行っているんだという仕事に対するプライドとプロ意識の高さを感じたのでした。

で、面白かったのが、ロミロミの施術ルートが、筋膜の理論にかなり近く、セラピストさんが私の体の上で手を滑らせていくルートを注意深く追ってみると、「あぁ、分かる分かる、そこは理に叶ったルートだわ!」と、いちいち感心してしまっているうちに、

気持ち良過ぎて、寝てしまいましたzzz

ハワイにいても、お仕事の事は忘れないさいちちゃん!

オアフ島の東側で、ワイキキからバスで40分ほどのところにある、カイルアタウンという町に行って参りました。
「天国の海」と呼ばれているラニカイビーチがあり、この海は全米で1番美しい海と言われているんだとか。

そして、カイルアタウンにあるのが、
『ラニカイ・バス&ボディ』

ラニカイ・バス&ボディの外観画像

ラニカイ・バス&ボディの店内画像

ラニカイ・バス&ボディの店内画像

Made in Hawaiiの、100%天然成分オーガニックコスメブランドです。

当サロンでぜひお客様にご提供したいと思って、こちらでマッサージオイルを3種仕入れてきました。

ココナッツ、ココマンゴー、パッションフルーツの3種です。
どれもトロピカルで甘い香りですが、南国のフルーツや木の実から抽出されたオイルは、保湿効果が高く、皮膚を柔らかくしてくれるので、ポップな香りで元気になると同時に、お肌もキレイになって、心身ともにお悩みを解決できます。

ラニカイ・バス&ボディは日本にも通販サイトがありますが、残念ながらマッサージオイルは今のところ、販売していないようです。
これは、現地に行って入手するしかありません。

ラニカイ・バス&ボディの店員さんがとにかく親切でかわいくて、店員さんのお顔も含めて店内の写真を撮影してもよいかどうか、さらに画像をSNSやインターネットにupしてもよいかどうか尋ねたところ、笑顔で快諾して下さいました。

ハワイならではの、ココナッツ、パイナップル、マンゴー、グァバ、ピカケ、プルメリアなど、様々な香りの商品が並んでいますが、夫と2時間かけて、全商品のテスターを試しました!
もう全商品持って帰りたいくらい、まんま全商品素晴らしかったです!

お店を出る頃には、さいちの両腕はオイルやローションで、テッカテカでした。

ラニカイ・バス&ボディで1番有名なアイテムは、ボディバターだそうですが、特にバーベナの香りが最高でした!

そして、もう1つ、
『アイランドエッセンス』
というブランドの、タマヌヒーリングオイルを入手しました。

『アイランドエッセンス』は、マウイ島の天然素材で作られたボディケア&スパブランドで、35年以上続くハワイの老舗ブランドだそうです。

「タマヌ」の木はマウイ島にたくさん生息していて、葉っぱから抽出されたエキスで目の充血を治したり抗炎症薬を作ったり、タマヌの果実から搾取したオイルでケガの傷口を治したりできる事から、「神の木」と呼ばれているんだそうで、

さらにタマヌオイルにはオリーブオイルの20倍以上の抗酸化作用があり、肌の弾力とハリを取り戻し、シワを改善できるという、アンチエイジング面から見ても絶大な効果をもたらすとの事で、

しかも、タマヌオイルは赤ちゃんの日焼け止めにも使えるんだとか。
一体どこまで万能なのでしょうか?!

これは絶対アルルネに連れて帰らねば、と思って、ラニカイ・バス&ボディのオイルよりさらに多めに仕入れてきました。

タマヌの他に、マカダミアオイル、ククイナッツオイル、ココナッツオイルなどがブレンドされていますが、香りはシングルのココナッツオイルよりも甘さは抑えられていて、シアバターとプルメリアとココナッツを足して3で割ったような、優雅な香りです♪

ラニカイ・バス&ボディ、アイランドエッセンスともに防腐剤が入っておらず100%天然素材のため、長期保存ができず、期間限定のキャンペーンとなりますが、ハワイの香りでオイルマッサージを楽しみたいお客様は、ぜひアルルネでご体験してみて下さいね!
皆様からのご予約をお待ちしております。

**********

10月、11月のご予約は全て埋まりました。
ありがとうございます!

11月24日(日)~12月1日(日)まで、さいち手術・入院につき、お休みを頂きます。
この期間に頂きましたご予約・お問い合わせにつきましては、12月2日(月)に、お返事をさせて頂きます。

お客様皆様にはご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

**********

アルルネ鍼灸治療サロン
さいち